もう「毎日ブログを書く」のは卒業。自分をいたわり、ブログをいたわる。

もう「毎日ブログを書く」のは卒業

この記事の読了時間は約3分です。

ブログを毎日書こう!と頑張っていたら、いつの間にか息苦しくなっていました。

「ブログは毎日書け」信仰に対する疑問、自分がブログを始めた理由を見つめなおし、ブログを毎日書くことから「卒業」したら楽しくなりました。

ブログを毎日書くことができなくなると辿る、目標設定の変遷を今も考察中。

「ブログは毎日書け」信仰

とにかく多いです。この毎日書け書け教。

有名ブロガーのかん吉さんの電子書籍「ブログ起業」にも書かれてました。

参考電子書籍「ブログ起業」で本田圭佑語録に共通する人生観を見た | おっさんの放課後

僕も信じて2ヶ月位頑張ってみましたが、どんどん気持ちが摩耗していきました。

「これはダメだ。続けよう続けようと毎日頑張っていたら、ブログを辞めてしまう。 」

そう思って、毎日書くのを止めました。

自分の価値観を大事にしよう

そもそもブログを始めたのは、自分の「お、いいね」「ん?おかしいよ」という考え方、見方を発表できる場が欲しかったから。

社会から弾き飛ばされた自分でも、ブログを持つことで社会に迎合しない自分らしさを保てる気がしたから。内容は映画、音楽、ラーメンから社会的な問題まで色々書いてるけど、根本はそれ。

ならば「毎日書くことが大事」という価値観を、そのまま受け入れることはブログを始めた理由と矛盾してしまう。

社会に迎合しないように始めたのに、何も考えずに「毎日更新」を目標にするっていうのはおかしい。

毎日書けなくなったらどうなるか

僕が実際に歩んだ目標設定の変遷を書く。

「1記事/1日」という毎日単位思考

「毎日記事をとにかく書こう」

「書くことが大事」

「予想外の記事がヒットするよ」

「Googleのインデックス的にもいいらしいよ」

とにかく走れって言われても走れない。しかも永遠につづく長距離走。僕には僕のペースがあるはずだと思うようになる。

「30記事/30日」という月単位思考

実質「1記事/1日」になる。

まとめて書いた分は予約投稿使おう。

チェンジオブペースでいけばいいやん。

仕事忙しい日は無理だって。

「365記事/365日」という年間単位思考

実質「1記事/1日」になる。

書けなかった借金を無理やり返そうとした目標変更。

「25記事/30日」という年間300記事目標思考

返せないなら無理しなくていいよ。

続けられるペースで行こうよ。

「20記事/30日」という休日2記事でほぼOK思考

休日に2つ記事書けば、仕事ある日楽やん。

いや待て、休日がなくなるやん。

書きたい時に書け!予約投稿はするな思考 ← 今ココ

もう書きたいときでいい。

予約投稿しちゃうと安心してしまうから、書いたら即UPする。

1日に3記事書く日もあれば、0の日もある。

月20~25記事書ければ上出来。

宣言したことを変える勇気

どんどん目標設定が低くなっている気がしますが、大事なのはブログを長く続けること

書くことが負担にならず、嫌いにならないよう、自分なりの目標設定をすればいい。

色んな目標設定をしたからこそ、実感としてわかることもあるだろうし、受け売りだけで行動してちゃあ何も得られない。

現実社会と一緒なんだなと改めて思う。

卒業がはえーよ!ってツッコミお待ちしてます。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/graduate-writing-blog-everyday/">もう「毎日ブログを書く」のは卒業。自分をいたわり、ブログをいたわる。</a>

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA