【ランチ】新三浦地どり亭(大阪)で鳥丼を食す

新三浦大阪の鳥丼

この記事の読了時間は約3分です。

新梅田シティにあるレトロ食堂街に行き、新三浦地どり亭の鳥丼を食べてきました。同施設内の映画館、シネリーブル梅田の半券を提示すると50円安くしてくれます。

新三浦地どり亭(大阪店)

レトロ食堂街滝見小路にあるお店の1つ。鳥料理がメイン。

博多本店は水炊き専門店。

参考博多名物「水炊き」|新三浦本店 創業100年の変わらぬ味

新三浦大阪店

新三浦大阪店の外観

営業時間

火〜土

11:30~14:00(ランチ営業)
17:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

11:30~14:00(ランチ営業)

電話番号

06-6440-5957

新三浦の鳥丼

650円と安かったのであまり期待はしてませんでしたが美味し!

注文して3分くらいで運ばれてきました。白味噌のお味噌汁がおまけで付いてきました。

鶏肉は炭火のいい香りがして、噛むと口の中で香りが弾けます。肉は柔らかというより適度な弾力でプリプリという感じ。タレもかかり過ぎずちょうど良かった。

ご飯の量は標準で少し多めで、ご飯食いの僕でちょうどいい分量でした。

新三浦の鳥丼

新三浦の鳥丼

常連さんが来ると、パートのおばちゃんが「いつものでいい?」(客:コクリ)「鳥丼錦糸玉子ご飯半分でー!」という見事な掛け合いがありました。ご飯の量やタレの分量などはお客の要望を聞いてもらえるようです。

新三浦地どり亭のランチメニュー

ランチは照焼、そぼろ、カレーの組み合わせ。

シネリーブル梅田の映画券(半券)を見せるとランチで50円引きになります。

照焼が650円-50円で600円でした。

新三浦大阪店のメニュー

メニューは全て税込表示。

メニュー表の裏にはお弁当が幾つか載っていました。スカイビル内にオフィスがあるのでサラリーマン向けに販売してました。

まとめ

  • レトロ食堂街滝見小路にある新三浦地どり亭の鳥丼は650円と安いのにうまい。
  • 炭火、肉のプリプリ感、ご飯の量、タレの分量文句無し。
  • 映画半券でランチでも50円引きで600円になる。

梅田駅周辺まで出てしまうと食べ物の単価が高くなり、待ち時間も長くなるので、時間に余裕があるときは梅田スカイビル周辺にあるレトロ食堂街滝見小路でランチを食べるのがオススメです。今度は違う店に行ってレポートしたいと思います。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/shinmiura-osaka-toridon/">【ランチ】新三浦地どり亭(大阪)で鳥丼を食す</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA