TablePressを日本語にする3つの方法

テーブルイメージ画像

この記事は2016年1月21日に更新しました。
情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

この記事の読了時間は約3分です。

wordpressに簡単にテーブルを挿入できて、項目ごとの並べ替え機能の表組みも作れると人気のプラグイン「TablePress」の日本語化について

スポンサーリンク

TablePress日本語化

他サイトの紹介記事では「日本語化されているので~」と書いてあるけど、

僕が追加したTablePressは日本語化されていなくて困りました。

制作者のサイトではPluginOptionsにあるPluginLanguageを設定すれば~と書いてますが、

その項目自体がないんです。

TabelePressを日本語化するための解決方法を3つ紹介します。

2~3日放置してたらなぜか日本語になる

何の設定も変えてないのに、しばらく期間をあけてみると、

あら、不思議、いつの間にか日本語になっていました。

プラグインの更新とかもしていないのにです。

「放置」というのも選択肢としてはありなようです(体験談)

TablePressの日本語化が100パーセントになるまで待つ

プラグインが更新されてから日本語化に対応するまではしばらく時間がかかる。

進捗状況はWordPress › Projects translated to Japanese < GlotPressで確認できます。

このサイトの数値が100%になると完全対応という形で日本語で利用できるようです。2016年1月22日では75%です。
WordPress › フォーラム » TablePress バージョンアップ(1.7)にしたら英語表記になってしまったに同様の質問があるので参考になります。

翻訳ファイルをDLして自分でフォルダにUPする

「TablePress」のアップデートで日本語表記がなくなったときの対処 – Knowledge Base

に詳しい手順が載っています。

噛み砕いて理解すると、

  1. ファイルアップロードソフトを使って
  2. 該当フォルダに
  3. 該当ファイルを格納しておく

そうすれば、TablePressプラグインが更新されても日本語化できるようです。

ファイルアップロードソフト

ファイルアップロードソフトはFFFTPが有名

該当フォルダ

「Wordpressのインストールフォルダ」→「languages」→「plugins」

情報元:Knowledge Base

該当ファイル

該当ファイルは「Poedit」というソフトをダウンロードし、翻訳ファイル(.po .mo)を作る必要があるようですが、紹介した Knowledge Baseでは予め作ってくれた翻訳ファイルがDLできるようになっているので、簡単にゲットすることができます。

まとめ

プラグインの更新は日本語化に対応してからする。

プラグインを更新してしまった場合、時間が解決するので、あせらず待つ。

緊急の場合、あるいは上級者であれば、

翻訳ファイルを指定場所に格納して、プラグインの更新をしても日本語OKにする。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/tablepress-japanaize/">TablePressを日本語にする3つの方法</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA