「 書評 」一覧

スポンサーリンク

自分が購入し読了した書籍の書評の記事。単なる本文の抜粋ではなく、どう自分が理解したか、どういう言葉で置き換えて考えたかということを文字にします。もう読んだ人も、まだ読んでいない人も新たな発見と興味を刺激する書評を書きます。

松岡修造の強さを求めて「人生を強く生きる83の言葉」を読む

松岡修造の強さを求めて「人生を強く生きる83の言葉」を読む

元プロテニス選手でキャスターや応援(笑)で活躍している松岡修造の本を読みました。 タイトルは「人生を強く生きる83の言葉」 修造...

記事を読む

「壁の鹿」を読了、ミュージシャン黒木渚は文豪だった(ネタバレあり)

「壁の鹿」を読了、ミュージシャン黒木渚は文豪だった(ネタバレあり)

黒木渚の小説「壁の鹿」を読みました。 壁の鹿は2015年1月21日にシングル「虎視眈々と淡々と」の特典として初公開され、講談社より20...

記事を読む

「文藝芸人」の日本一辛口な感想、松本人志に幻滅。

「文藝芸人」の日本一辛口な感想、松本人志に幻滅。

「文藝芸人」を読了しました。 ちょっと予想とは違う雑誌の構成でしたが面白く読むことができました。 ダウンタウンの松本人志、ブラッ...

記事を読む

【書評】「知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語」

【書評】「知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語」

「知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語」を読了しました。経済や政治についてとつとつと冷淡な口調と態度で描かれている本です。 私がこ...

記事を読む

松岡修造のメンタル管理術を学ぶ(書評:本気になれば全てが変わる)

松岡修造のメンタル管理術を学ぶ(書評:本気になれば全てが変わる)

松岡修造(2015)「本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)」を読了しました。 本書のメイン...

記事を読む

文章とは心である。心鍛えずして、名文生まれ難し。

文章とは心である。心鍛えずして、名文生まれ難し。

朝日新聞の天声人語元筆者が書いた「文章の書き方」を読了しました。 名文を引用しながら、文章力について熱く語っている本です。 いい...

記事を読む

漫才とコントの違い、バカとボケの違いについて。

漫才とコントの違い、バカとボケの違いについて。

笑いに正解はない。 ただ、笑いが起こる法則は存在する。 そんな書き出しで始まる「漫才入門」 めちゃイケ、爆笑レッドカーペッ...

記事を読む

投げ出しそうになったら「人類代表俺」という気概を持て!

投げ出しそうになったら「人類代表俺」という気概を持て!

「奇跡のリンゴ『絶対不可能』を覆した農家・木村秋則の記録」読了しました。 絶対不可能を覆した農家、木村秋則の記録。「無農薬栽培でリンゴは作...

記事を読む

2016年に購入した本一覧(随時追加&書評も追加)

2016年に購入した本一覧(随時追加&書評も追加)

僕が本を読む理由 ブログを始めて、アウトプットの場は確保できたけれど、インプットがどうも弱い。仕事でもブログでも自分の内面を磨く必要性を最...

記事を読む

句点と読点の使い方、漢数字の正しい使用方法を30歳にして学ぶ

句点と読点の使い方、漢数字の正しい使用方法を30歳にして学ぶ

「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック 文章力の基本」の書評。 20万部突破!のそこそこ売れている本。 いいなと思っ...

記事を読む

スポンサーリンク