【PR】ABOAT社のリバーシブルmicrousbケーブル3本セットレビュー

aboatリバーシブルmicrousb

この記事の読了時間は約4分です。

今回は向きを気にしなくてもさせるUSBケーブル「両端両面差しリバーシブルmicrousbケーブル3本セット(0.5m+1.0m+2.0m)」についてのレビューです。

ABOAT社より商品レビューの依頼をいただきました!
ABOATからは初めての提供です。ありがとうございます。

レビュー記事では良い点だけでなく、不満点についても書いていきます。
僕のレビュー記事に対するスタンスの詳細は↓
商品のレビュー記事作成を依頼されたら提示すべき5条件

「両端両面差しリバーシブル」の意味

usb端子もマイクロusb端子もリバーシブルなので、ケーブルを挿入する際に向きを考えなくても接続ができるという意味です。

過去にUSBの差し込み口を間違えて、ノートパソコンを瀕死の状況に追いやってしまったことがあるUSBブレイカーの異名を持つ僕には超ありがたい商品です。

向きを考えなくてもいいのは、最近流行りのUSB-typeCからだと思ってましたが、既にこういう商品があったんですね。知りませんでした。

接続端子

「向きを考えなくていいってことだけど、接続端子どうなってんの?」ってのが気になる所。

早速見ていきましょう。

梱包物

  1. USBケーブル3本(0.5m+1.0m+2.0m)
  2. 巾着袋
  3. ABOAT会員勧誘のカード

USBケーブルは伸縮性のあるゴムでまとめられていてケーブルが傷つく恐れはありません。

巾着袋は3本入れるとパンパンになる容量です。2本入れるのがベストかな。

aboatリバーシブルmicrousb

ASUS商品を買った時に付属でついてきたUSBケーブルと比較してみました。

マイクロusb端子

USB規格ではないので、おなじみのマークは印字されていません。代わりにABOATと書かれています。なので、「あれ?どっちがリバーシブルUSBだっけ??」となることはありません。

マイクロusb端子の横

差しこみ部分は通常のUSBケーブルと比べるとやや大きめ。

aboatリバーシブルmicrousb

左)ABOATリバーシブルUSB 右)一般的なUSB

マイクロusb端子の内部

内部は6角形になっています。

aboatリバーシブルmicrousb

左)ABOATリバーシブルUSB 右)一般的なUSB

線の太さ

画像ではわかりにくいですが、ABOATリバーシブルUSBの方が1回りほど太いです。持ってみると若干太いのがわかります。

aboatリバーシブルmicrousb

左)ABOATリバーシブルUSB 右)一般的なUSB

usb端子

microUSB端子と同じでおなじみのUSBマークはありません。代わりにロゴ?マークがあります。

usb端子の横

若干接続部分が大きいですがほとんど同じ。

aboatリバーシブルmicrousb

左)ABOATリバーシブルUSB 右)一般的なUSB

usb端子の内部

microusbと同じで、どちらに端子がきても上下に少しスライドして噛みあう造りになっています。

aboatリバーシブルmicrousb

左)ABOATリバーシブルUSB 右)一般的なUSB

その他のスペック

規格

USB2.0の規格で480Mbpsで高速データ転送。
QC3.0という急速充電にも対応。

保証期間

購入後半年以内であれば新製品と交換可能。

値段

3本セット・両端リバーシブルでこのスペック。それが1000円以下で買えるという安さ。

by カエレバ


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/aboat-reversible-microusb/">【PR】ABOAT社のリバーシブルmicrousbケーブル3本セットレビュー</a>

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA