[PR]Bluetoothスピーカ-「M4 ブラック」レビュー

omaker-m4black
左)M4ブラック 右)文庫本

この記事の読了時間は約6分です。

OMAKER社より商品レビューの依頼をいただきました!
OMKAERからはこれで5品目の提供になります。ありがとうございます。
今回はBluetoothスピーカ-「M4ブラック」についてのレビューです。

レビュー記事では良い点だけでなく、不満点についても書いていきます。
僕のレビュー記事に対するスタンスの詳細は↓
参考商品のレビュー記事作成を依頼されたら提示すべき5条件

M4ブラックとM4の違い

実は既に「M4」についてのレビューは書いています。
参考[PR]Bluetoothスピーカ-「M4」レビュー

スペックは同じ

今回はそのM4のカラーバリエーションの新色であるブラックについてのレビューになります。スペックや付属品についてはM4とM4ブラックで違いはありません(説明書のスペック比較済み)。違うのは色味などの外観のみ。

外観比較

  1. M4ブラックはM4と比べると、黒の色味が濃くスピーカ部分のOMAKERの印字がハッキリと見える。
  2. 衝撃クッションの色も黒色なので、製品としての統一感はあるが、屋外で使用するときには目立ちにくく、紛失してしまう可能性が高くなる。

正面

M4ブラックとM4の比較

正面からの色味の違い
左)M4 右)M4ブラック

M4ブラックとM4の比較

横の色味の違い 左)M4 右)M4ブラック

M4ブラックのスペック

M4のスペックと同じ。
付属の取扱説明書に載っていたスペック、Amazonの商品スペックを参考にまとめました。

  • 寸法:8.1 x 8.1 x 4.6 cm
  • 重量:231g
  • 連続再生時間:12時間
  • 充電時間:3時間
  • 内蔵バッテリー:1500mAhリチウム電池
  • 出力:3W
  • Bluetooth Version:Bluetooth4.0+EDR
  • 伝送距離:≤10m(接続デバイス、環境で誤差あり)
  • 周波数:100Hz~20KHz
  • SN比:≥50dB
  • 耐衝撃:1m
  • 防水:IPX4
  • NFC感知機能
  • 18ヶ月間の保証期間

実際のサイズ感

太さはハンバーガ位あるが、縦と横は文庫本よりだいぶ小さいコンパクトな設計。

omaker-m4black

左)M4ブラック 右)文庫本

M4ブラックの特長

スペックがM4と同じなので、特長もM4と同じ。

充電時間が短いのに再生時間が長い

充電時間が3時間なのに、再生が12時間も持つので電池切れで困ることはなさそう。Blutoothイヤホンは連続再生が6時間と短く、「だからBluetoothは嫌」という人も多いですが、これならいいですね。

参考Bluetoothイヤホンデビューしてわかったメリットとデメリット

充電時間が3時間で再生12時間というのはW4キューブと同じですが、M4の方が本体が大きく周波数も広いので、同じ効率に見えて実はよりすごい。

音質問題なし

W4キューブは耳を近づけるとノイズが聞こえましたが、M4は近くで聞いてもノイズなし。

耳を近づけるとザーッというノイズが聞こえるんですけど、離れて聞くと不思議と全くノイズは聞こえません。

[PR]OMAKER社のBluetoothスピーカ-「W4キューブ」レビュー

聞いていて「音質が悪いなぁ」とか「音のバランスが悪い」と思うことはありません。どちらかと言えば、高音の方が音が綺麗な感じはしました。スマホのBluetoothの音量を最大にすると爆音で聴けます。

梱包物が充実している。

  • OmakerM4Bluetoothスピーカー
  • MicroUSB充電用ケーブル
  • 3.5mmステレオミニプラグオーディオケーブル
  • 取扱説明書(英語と日本語表記のものが1冊にまとまっている)
  • ストラップ

omaker-m4black4

有線接続でBluetooth未対応機器でもOK

Bluetoothに対応していない機器も、付属の3.5mmステレオミニプラグを使って本体と直接つなげると、M4ブラックから音楽を流すことができます。

omaker-m4-ipodnano

画像はM4とipodnanoを有線接続したもの

「Bluetoothスピーカって、接続する機器にBluetooth機能がないとペアリングできないから使えねー」と思ってましたが、M4はその欠点を克服しています。ようやく、古いipodnanoの使いみちが見つかりました。

残念ながらipodnano内のプレイリストを再生している場合の曲のスキップはM4側からの操作ではできませんでした。有線で接続している時点で常にipodnanoが近くにあるんだからそっちで操作すればいいってことで解決しますねw

M4ブラックの不満点

音量操作が人為的エラーを誘発しやすい設計

音量ボタンは音量ボタン(大)と音量ボタン(小)の2つ。それぞれ長押しで音量を変えることができます。

短く押すと、次の曲、前の曲へスキップします。
1曲のみ再生している場合は、短く押しても何も変化はありません。

どう考えても、この設計を逆にすべきです。短く押せば音量調整、長押しで曲スキップとした方がわかりやすいです…。操作が人為的エラーを起こしやすい設計。

NFC感知機能はあるがNFC充電はできない

NFC機能のあるスマホなどがあればM4に近づけるだけで自動ペアリングができる(NFC感知)と書いてたので、NFC充電もできるのかな?と期待しました。

が、僕の持っているパナソニックのNFC充電器で試したところ充電はできませんでした。

meigen-moziri

OMAKER「M4 ブラック」の購入

Omaker M4 防水Bluetoothスピーカー NFC対応/通話可能 小型軽量ポータブルワイヤレススピーカー (登山/ビーチ/バーベキュー/キャンプ/ハイキング/お風呂) (ブラック)
by カエレバ

番外:担当者亜希子さん転職

このブログに初めてガジェットを無料提供してくれたOmakerの亜希子(ペンネーム?)さんが転職してしまうようです。亜希子さんのおかげでBluetoothスピーカの世界を知ることができ、ブログの記事としてレビュー記事を書く大変さを知れました。本当にありがとうございました。

来月以降は亜希子さんとは連絡がとれなくなるので、また一から出直しです。色んな商品やサービス、アプリのレビュー依頼がくるようなブログを目指してこれからも頑張ります。

レビュー依頼はお問い合わせからいつでも募集しています。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/omaker-m4-black/">[PR]Bluetoothスピーカ-「M4 ブラック」レビュー</a>

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA