兵庫県伊丹市が演劇の街を卒業?「断固反対」の署名をしてみた

伊丹アイホール存続危機

この記事の読了時間は約5分です。

兵庫県伊丹にある演劇ホール「アイホール」が演劇ホールとして使用されなくなる可能性が高まっています。

参考 関西の小劇場拠点アイホール、伊丹市が用途転換検討

現在、兵庫県伊丹市は、伊丹市立演劇ホール(アイホール)について、使用用途を舞台芸術に限定することなく、施設の新たな事業展開の可能性を探るため、民間企業に向けてサウンディング調査を実施しています。 この調査が進み舞台芸術以外の新たな事業が発案・事業化されますと、アイホールは公共の演劇専門ホールとして存続が困難となり、事実上廃館となってしまいます。

引用元:キャンペーン · 伊丹市立演劇ホール(アイホール)を存続させよう! · Change.org

「『アイホール』で行われる演劇に外れなし」

演劇好きの@49hackJpがお気に入りの施設がなくなってしまうのはとても残念です。

現在「アイホールの存続を望む会」の署名が立ち上がっています!

目標は5000人で現在3409人の方の賛同を得ています。

寄付は0円でOK

ネットだけで完結

演劇好きの方は是非賛同をお願いします。

@49hackJpも署名しました

スポンサーリンク

アイホールの存続を望む会ホームページ

伊丹アイホールの存続を願う

URL

専用ドメインで運用してるのはすごい。

存続させたいという本気度が伝わってくる。

ネット署名

参考 Change.org(ネット署名サイト)

ネット署名で必要なのは

  • 名前
  • メールアドレス
  • 居住地(市区町村)
  • 郵便番号

登録したメールアドレスに認証メールが来るので

それをクリックすれば署名の1人としてカウントされます

認証メールをクリックしないと署名の1人としてカウントされません。

メールアドレス認証

寄付金はいらない?

寄付金は0でも署名はできました。

twitterやfacebookでの拡散もしやすいようになっていますよ。

寄付先は2カ所あるので注意

署名後に催促される寄付はchange.orgでの広告費として使われてしまいます。

署名団体に直接寄付したい場合は以下から。

ひと口1,000円よりお願い申し上げます。 銀行振り込みをご希望の場合は、下記の口座へお願い致します。誠に勝手ながら、手数料はご負担頂きますようお願い申し上げます。 また、寄付をして下さる方のお名前とお振り込みされる口座名義が異なる場合は、お手数ですがお振込み後に ・お振り込み月日 ・寄付をされる方のお名前 ・お振り込みの口座名義 ・お振込額 上記を、メールにてお知らせくださいませ。

【口座】 りそな銀行 西宮支店 (店番号 613) 普通 0111609 NPO法人大阪現代舞台芸術協会

引用元:寄付のお願い – アイホールの存続を望む会

署名を呼びかけているのは誰?

代表は劇作家、演出家の小原延之

そとばこまちという劇団の座長を務めていた人。

住所:大阪市中央区東心斎橋2-1-27

周防町ウイングス5階C号室 NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)

電話番号&Fax:06-6211-5995

メールアドレス:aisonzoku@gmail.com

署名用紙・各種資料ダウンロード

署名はWebだけでなく用紙を印刷して書くこともできます。

(送付が必要になります)

セブンイレブンでも署名ができるという親切設計。

参考 署名用紙

広田淳一さんも賛同人!

@49hackJpが大好きな劇団アマヤドリの主宰者広田淳一さんもアイホールを存続することに賛同してくれており、コメントが掲載されていました。

参考 劇団アマヤドリ「非常の階段」の予習と感想

参考 未発表の戯曲をブラッシュアップする「月いちリーディング(関西版)」に参加してきた

アイホールは、東京の劇団である僕らも大変お世話になっている愛着のある劇場です。職員の方々も全国の劇団事情を把握されていて、受発信の力があり、地域のハブになれる希少で重要な拠点です。我々の伊丹公演の際にはワークショップの開催を併せてご提案くださるなど、地元の方々と遠方の劇団とのつながりを構築するノウハウも実績もお持ちの方々で、関西と関東の舞台芸術の相互交流のためには、本当に大きな役割を果たしている劇場です。なんとか今の運営形態で存続して欲しいです

引用元:アイホールの存続を望む会  劇作家・演出家 広田 淳一(アマヤドリ/合同会社プランプル

アイホールが羨ましくてしょうがなかった。

伊丹市にあるアイホールの開催される演劇はどれも面白く、

全国から才能のある劇団を招聘して上演してくれる数少ない施設です。

宝塚市出身の@49hackJp

伊丹市にアイホールがあることが羨ましくて仕方がありませんでした。

市のど真ん中に、緑に囲まれた中に、芝居の施設がある。

そしてそれが市民に根付き、当たり前のように存在している。

宝塚には歌劇の「宝塚」がありますが、

伊丹市が標榜していた「芝居の街」がうらやましかった。

なんで俺は伊丹市民じゃないんだろう?

何度思ったことか。

その中心地であったアイホールが演劇ホールじゃなくなる。

署名がいくら集まったって意味がないかもしれないけど

演劇ホールじゃなくなることを多くの人が反対していた。

その証拠を残すために署名しました。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/itami-engeki-byebye/">兵庫県伊丹市が演劇の街を卒業?「断固反対」の署名をしてみた</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください