江戸時代から伝わる伝統奇術「手妻」大阪公演2019に行ってきた

江戸時代から伝わる 伝統奇術「手妻」 世界5位の藤山大樹ショー 体験レポート

この記事の読了時間は約6分です。

江戸時代から伝承されている「手妻」という古典奇術(無形文化財に指定)のショーを見に行って来ました!

「古いから面白くない」なんてことは一切なく

どれも見ていてとても楽しめました。

タネなんかわかりっこなかったですw

当日の会場の様子や手品ショーの感想を紹介します。

@49hackJpが参加したのは

藤山大樹自主公演「江戸手妻」大阪公演 2019

スポンサーリンク

藤山大樹(ふじやまたいじゅ)

藤山大樹

参考 「手妻・和妻」藤山大樹 公式サイト~江戸から続く日本伝統のマジック~

参考 「手妻・和妻」藤山大樹の公式ブログ

実績

  • 手妻の大家であり文化庁芸術祭大賞受賞者藤山新太郎の一番弟子
  • 世界大会5位(2015年マジック世界大会「FISM」General部門)
  • 世界10ヶ国20都市以上で公演
  • 明石家電視台(2019年6月10日放送 #1346「チケットが取れない!?〇〇さんトークショー」)など日本のテレビにも出演
  • マジシャンJunMakiが尊敬する人物の一人

実際に見た印象

  • 色が白くて童顔でイケメン
  • 森山直太朗に少し似ている
  • 笑顔は目尻が垂れて可愛いが、怒るとめちゃくちゃ怖そう
  • トークが達者でおばちゃん達から爆笑をとる
  • 喋りが上品で伝統芸能を極める者独特の品がある

「江戸手妻」大阪公演 2019

場所・チケット料金

<2019年7月28日に道頓堀ZAZA Houseで開催>
若手のお笑いライブがよく開催されている所。かに道楽の筋。
演者のレベル的にもうちょっと広いキャパシティの会場の方がいいのでは?

<チケット料金は前売り 3000円 / 当日 3500円>
Yahooパスマーケットというマイナーなチケットサイトでの販売。
チケットの整理番号順での入場と思いきや、開場前の整列順だった。

イベントポスター

会場前掲示

演目プログラム

時間は90分

演目の間には舞台袖の小上がりでアシスタントの愛菜さんが物語のナレーションをしたり

藤山さん自らがゲストの紹介を務めていました。

ネタして次、ネタして次、だとテンポが同じで飽きてくるので

ネタを貫く雰囲気とかストーリー的な物があるとグッとライブの完成度が高くなります。

edoteduma2019oska演目

パンフレットに記載のプログラム(大阪公演2019)

「七変化」「柱抜き」

客は「目の前で起きているのにタネがわからない」という敗北感を味わう。

何かしている様子はあるが一瞬のことなので見えないし、理解できない。

タネも仕掛けもございますが、あなたには見えません、わかりませんというようなマジック。

「変米化餅」

舞台に上がって来た2人しか手品のすごさがわからず、

観客はその2人の驚く反応を楽しむと言う斬新な演目

お金を使った今でもよく見かけるタイプのマジックや

ゲストの片山幸宏さんの演目を挟みながら

後半は手妻ならではの技術や大胆で見栄えのするマジックが披露されました。

【アメリカのTV番組「Fool Us」出演動画】

キャスト

江戸手妻-2019osaka-cast_1

江戸手妻2019大阪公演

公演を見に行くことになったキッカケ

友人に誘われて入ったマジックバー 手品家 梅田店【公式】

カウンターでマジックを見せてくれた JunMakiさんに

49hack
手品業界で尊敬している人物って誰かいますか?

と聞いたら教えてくれたのが藤山大樹さん。

手妻(テヅマ)という言葉すら知らなかったので面白そうだなと思い

調べたら近々公演があると知って、チケットを購入しました。

友人が誘ってくれたのもたまたまだし、嫌がらずにお店に入ったのもたまたま

JunMakiさんのマジックを見たのもたまたま、藤山大樹さんを知ったのもたまたま

公演があったのもたまたま。

ちょっとしたキッカケの積み重ねで楽しいことに出会えて

自分の感性が豊かになっていく

そういう縁をこれからも大切にしていきたいなと思います。

参考 女性マジシャンJunmakiオフィシャルサイト|マジックの営業出演

JunMakiさんは今回の大阪公演でステージハンズとして活動していました!

感想

客層

客層は60歳以上の人が約7割くらいでした。

「江戸手妻」というイベント名では手品ショーだとわかりにくいのも影響しているかも。

若い人がデートで利用しても楽しいイベントです。

古臭さは全くない

古典奇術をベースにしたショーだったので

古臭いのかな?と心配してましたが杞憂でした。

どの演目も手品として楽しめました。

藤山大樹

藤山さん・片山さんの演目の一部で、

物に何かしらの細工がしてあるのがわかるようなネタバレはありましたけど

本筋のメイン手品のトリックがバレてしまうことはありませんでした。

手妻の今後

藤山さんは

「数百あった手妻の技も、現在でも披露できるのはほんの一握り」と話してました

披露できない理由が物にあるのか、

トリックにあるのか、

倫理的なことなのかは不明です。

スーパー歌舞伎みたいに

既存の手妻に+αしてアレンジを加えた「スーパー手妻」とかできたら面白そうですね。

もしかしたら、今やってる手妻ショーがその領域なのか??

2020年の藤山大樹さんの公演も是非参加したいです!


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/japanesemagic-teduma-fujiyama-osaka2019/">江戸時代から伝わる伝統奇術「手妻」大阪公演2019に行ってきた</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください