日食なつこのおすすめ曲とライブで感じた特長と欠点

この記事の読了時間は約3分です。

日食なつ子のライブ「炎上交際」に行ってきます!

僕が参加するのは神戸のライブ。

日食なつ子の生歌を聞くのは初めてなのでかなり楽しみです。

ライブに行く前におすすめ曲を整理しました。

特長と欠点についてはライブ後に追記します。

スポンサーリンク

日食なつこ とは?

2017年に知ったミュージシャンの中でずば抜けているのが日食なつ子。

ピアノの弾き語りで歌うスタイルが基本で、他の楽器はドラムのみであることが多い。

歌詞のメッセージ性がすこぶる強く、「てめえ文句あんのかいつでもやってやるぞ」感が節々からほとばしる。

メロディーは唯一無二の音楽性、オリジナリティがすぎると言っても過言ではない。

日食なつこのおすすめ曲

ライブでは水流のロックとログマローブの2曲さえ聞ければ文句はないw

今は4曲しかまとめてないけど、いい曲が発表されればどんどん追加していく。

代表曲:水流のロック

「水流」というと穏やかなイメージを思い描きがちだけど、本来は激流も含めて水流のはず。

「水流のロック」は日食なつ子の音楽スタイルと同じで、穏やかに受け取られがちなピアノ(水流)で、メッセージ性溢れるロックな歌詞とメロディーで構成されている。

水流のロックを聞いてピンとくるものを感じなければ、彼女のどの曲を聞いてもいいとは思わない可能性が高い。

日食なつ子を好きになるかどうかの分水嶺が水流のロックなのだ(水が掛かるのも彼女の計算なのかもしれない)

人気曲:ログマローブ

Amazonや音楽アプリ上で1番人気なのがログマローブ。

水流のロックは大体2番。

「目下に広がる大展望は未来の気配をはらんでいる ひっくり返して遊ぼうぜ」

などの力強いフレーズがいくつも出てくる。

歌詞が面白い曲:ヒューマン

人間の宿命についての歌。

歌詞が面白いと大体メロディーを本気で作らないけど、日食なつ子はメロディーも本気。

彼女の独特の感性を感じられる曲。

ツンデレ曲:跳躍

「あんた」「わかってんだよ」「何してんだ」などのなつ子節が全開。

表面的な言葉の荒々しさの奥に、彼女の熱い想いを感じることができる。

ツンケン→デレデレじゃなくて、ツンの中にデレがある。

日食なつ子のライブ「炎上交際」感想

神戸でのライブ後に感想を追記します。

日食なつ子の特長と欠点について言及できれば。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/nisshoku-natsuko-osusume/">日食なつこのおすすめ曲とライブで感じた特長と欠点</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA