「NIRAMEKKO ~出オチ最強選手権~」は録画必須の深夜番組

この記事は2016年3月14日に更新しました。
情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

この記事の読了時間は約3分です。

本日、夜中に放送される「NIRAMEKKO ~出オチ最強選手権~」がめちゃくちゃ面白そう。

視聴感想追記しました。

スポンサーリンク

NIRAMEKKO ~出オチ最強選手権~

放送日時

読売テレビ 2016年3月11日(金)25:43~26:43

ど深夜の放送です。

出演者

  • ダイアン西澤
  • ガリガリガリクソン
  • アインシュタイン稲田
  • ゆりやんレトリィバァ
  • 中山女子短期大学
  • アイロンヘッド辻井
  • カバと爆ノ介カバ
  • セルライトスパ大須賀

実況:ヤナギブソン
解説:笑い飯

僕の大好きなアインシュタイン稲田も出演!

参考アインシュタインがお笑い界を席巻するたった1つの理由

出演者はダイアン、ガリクソンなどの売れている若手から、ゆりやんレトリィバァ中山女子短期大学など賞レース常連になってきている売出し中の若手、カバと爆ノ介、セルライトスパというこれからの若手と非常にバランスがいいです。アイロンヘッド辻井の癖強めの笑いも深夜と相性抜群のはず。

解説に笑い飯、ヤナギブソンを起用する当たりも豪華。難解な笑いが多々ありそうなので、実力者が解説を務めるという点もしっかり押さえています。

放送時間が1時間しかないのは勿体無い気もしますが、見てのお楽しみ。反応が良ければ第2回、第3回と続編もあるでしょう。

グリグリくりぃむ「出オチ選手権」

似たような番組のタイトルに、2013年5月6日に放送された、グリグリくりぃむ「出オチ選手権」がありました。

企画も構成も違いますが、まずはこの番組の面白さを超えられるのかが基準となりそうです。

番組視聴感想(2016年3月14日追記)

ルール

10秒以内に笑わせること(口にくわえたピンポン球を落とさせる)

ポイント数によって競うトーナメント方式で4人1組、勝ち抜き1人。

決勝は1vs1勝負。

第一回大会の決勝は「ダイアン西澤vsセルライトスパ大須賀」

ダイアン西澤の凄さ

優勝はダイアン西澤!キャリア通りの実力を発揮してましたね。

ボケの細かな設定まで考えていたのは彼だけ。

10秒間の内9秒で間をゆっくりとり、最後の一言で笑わせる手法に始まり、

逆に最後に一言何か言うことをフリにして、顔オチという手法を折り込んでくる鮮やかさ。

映像の振り返りがあることを想定し、二度目で初めて気づけるネタを仕込むのがすごい。

「奇抜さ」だけで笑いを取るのではなく、そこに「世界観」を設定することで深みのある笑いを生み出していました。

セルライトスパ大須賀

コンビ名は聞いたことある程度のセルライトスパ大須賀が大健闘。

Youtubeで漫才動画を確認したら結構面白い。

大須賀の演技力の高さと生活感溢れるボケが特長ですね。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/niramekko-deochi/">「NIRAMEKKO ~出オチ最強選手権~」は録画必須の深夜番組</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA