アインシュタイン(芸人)の2016年の大躍進まとめ

%e6%b0%97%e3%81%a5%e3%81%91%e3%81%b0%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3

この記事の読了時間は約5分です。

敬愛するお笑い芸人「アインシュタイン」の2016年の活躍が半端無いのでまとめてみました。単独ライブなどは省き、テレビの出演情報や賞レースの結果などを中心にまとめました。

アインシュタインとは?

世間的には顔面兵器の稲田と甘いマスクの河井のコンビとして認識されがちですが、その本質は違います。

センスの稲田

稲田は図抜けたボケのセンスを持っています。言葉選び、口調、体の動き、肺活量、ネタ中のボケどれをとっても一流です。

キューピーの替え歌

これはたぶん前もって準備していたと思いますが、クオリティが高すぎます。

ラップバトル(vsラニーノーズ)

その場で言葉を考えて韻を踏み、リズムに乗りながら、笑いも獲る。天才ですね。動画は3分20秒からラップ対決。

息切れしない身体

90秒間激しく動いているのに全く息切れせず、しっかりと発声できていることに驚きました。トップアスリートも真っ青です。この動画は2本目で1本目、3本目ともに激しく動きますが一切息切れしていませんでした。

今までの不細工芸人は、ほんこんを筆頭にいじられるだけで、笑いを生み出す能力に欠けたタレントが多かった印象がありますが、稲田は違います。

これからの伸びしろは、フリートークなど瞬発力が求められる場面でも笑いをとれるようになることでしょうか。「バツウケテイナー」の企画である3分間オープニングロワイヤルではアキナや和牛と比べるとやや見劣りします。

努力の河井

稲田の才能に負けないツッコミになってやろうと努力を重ねているのが河井です。ピンでの単独ライブを定期的に行い、顔だけでなく実力をつけようとコツコツと頑張っています。幼少期は極貧だったらしく、そのハングリーさが今に生きています。

河井のかっこよさで客を惹きつけて、ネタのおもしろさでファンを獲得していくというのがアインシュタインの人気獲得方法です。

新しいお笑いを創り出す

アインシュタインの実力については色々と記事にしてきました。

アインシュタインは今までになかった新しいパターンの漫才を作り、笑いを巻き起こすというとんでもない才能の持ち主

アインシュタインがお笑い界を席巻するたった1つの理由 | おっさんの放課後

完結に表現するなら「新しいお笑いを創造できる才能を持った、西の若手芸人の最有望株」

  1. アインシュタインがお笑い界を席巻するたった1つの理由
  2. アインシュタインの「1時間トーク」前売りチケットを購入!ライブ感想
  3. アインシュタインの単独ライブ「声枯れ男と顔枯れ男」に当選!ライブ感想

アインシュタインの弱点

不細工という芸人にとっての武器が、センスの塊であるアインシュタインにとっては大きな足かせ

アインシュタインがお笑い界を席巻するたった1つの理由 | おっさんの放課後

稲田の瞬発力不足とコンビとしてのネタ見せが顔ボケになってしまう点が弱点。

関西の深夜番組で出演が増加

今年になって大阪の深夜番組での露出がかなり増えてきています。あまりにも出演番組が多すぎて情報を追いきれていません。深夜の単発ネタ系番組ならまず呼ばれてますね。

大物芸人との共演

全国放送やライブで大物芸人と共演することが増えてきました。

  • 「よしもとゴールデンアワー」でダウンタウンと共演(2016年3月20日)
  • とんねるずのみなさんのおかげでした(2016年7月21日放送)でとんねるずと共演
  • 特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル(2016年9月24日放送)で今田と共演

賞レース・ネタ番組の結果(2016)

「受賞・優勝」はグランプリを獲った物、「選出」はグランプリ獲得はならなかった物、「~中」は現在選考レース中か先行前であることを示します。2016年1月より時系列に並べました。

  1. 第1回上方漫才協会大賞受賞(2016年1月11日)
  2. 第46回NHK上方漫才コンテスト最終6組に選出(2016年2月29日)
  3. キングオブコント2016準決勝進出67組に選出(2016年8月17日)
  4. ウケタモンガチ5で優勝(2016年9月5日)
  5. M-1グランプリ2016:2回戦通過中(2016年10月5日)
  6. 第28回NHK新人お笑い大賞最終8組に選出中(2016年10月23日)

まとめ

やっと関西の番組制作者から一定の評価を得て、仕事が増えてきたように思います。

オールザッツやウケタモンガチなどの番組内での大会では優勝するんですが、なかなか大きな賞レ-スではグランプリを獲れていません。M-1グランプリかキングオブコントの決勝でアインシュタインのネタを見たいです。

10月は「アインシュタインの一時間~新ネタとトーク~」、11月は「単独シュタイン」を見に行く予定なので、近々またアインシュタインの記事を書きます。気づけばこのブログは玉置浩二とアインシュタインという意味のわからない2大テーマで執筆が進んでいますww


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/einstein-geinin-2016matome/">アインシュタイン(芸人)の2016年の大躍進まとめ</a>

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA