漫画喫茶のシャワーは安くない、意外と清潔、使用時の注意点など

この記事の読了時間は約4分です。

漫画喫茶のシャワーを初めて利用しました。

夜勤明けで家に帰らずに遊びに行く場合などは便利ですね。

シャワー室の写真を何枚か撮って来ました。

利用してみてわかった注意点も紹介します。

スポンサーリンク

漫画喫茶 = シャワーあり ではない

全ての漫画喫茶にシャワーが付いている訳ではありません。

同じ系列店でも場所によってシャワーがあったりなかったりします。

シャワー目的の場合は

  1. ホームページを確認するか
  2. 入店時に「シャワーありますか?」と店員さんに聞きましょう。

シャワーのみ利用で必要な料金

@49hackJpが利用したのはコミックバスター阪急茨城市駅前店

コミックバスターはシャワーのみ利用であっても漫画喫茶の席料金が必要です。

必要なお金は「時間当たりの漫画喫茶代+シャワー料金」

漫画喫茶代を払っているのでソフトドリンク飲み放題、漫画読み放題、パソコンやり放題。

シャワー30分利用でかかった料金は640円

内訳は以下

シャワー利用30分毎:350円

入場料最初の30分:290円

シャワー利用45分だとかかる料金は1100円

かなり高くなりますね。

シャワー60分:700円

30分+延長15分:400円

シャワー利用60分だと1200円

シャワー45分利用と比べて100円高くなるだけですみます。

シャワー60分:700円

1時間パック:500円

漫画喫茶のシャワー代は安いのか?

最安値の30分利用でも640円かかるので安くはない。

街の銭湯の方が安い。

30分を超えてしまうとスーパー銭湯並みの値段になってしまう。

ただ、漫画喫茶を長時間利用しているついでに使うには便利。

勉強で漫画喫茶を利用している時などの眠気覚まし、気分転換にはいいかも。

漫画喫茶のシャワー室の清潔さ

髪の毛が排水溝に詰まってたりする?

虫の死骸があったりする?

色々不安もあったけど、めっちゃ清潔でした。

シャワー室・脱衣所の様子

漫画喫茶のシャワー

電気つけるの忘れて薄暗いですw

漫画喫茶のシャワー

荷物置き場のかごは複数あり。

シャワー利用後はどこまで清潔にしてくれる?

ゴミ箱のゴミを捨てたり、

カメラが仕込まれていないかなどの確認はしてくれるでしょうが

シャワーの利用が終わるごとにシャワー室の水分を拭き取るのかは不明です。

漫画喫茶のシャワーにあった備品

入店時に渡されたもの

  • バスタオル(ふわふわ、マイクロファイバー?)
  • ドライヤー

入店時に渡された物は

シャワー利用が終わったら店員さんに返す必要がありました。

漫画喫茶のシャワー

シャワー室にあったもの

  • シャンプー(リンスイン)
  • ボディーソープ
  • 綿棒
  • ティッシュ
  • スプレー(髪の毛セッティングキープ)
  • 保湿ジェル
  • 保湿化粧水
  • 蛇口(温冷切り替え)、鏡、時計
  • 珪藻土バスマット
  • ゴミ箱
  • コンセント

シャンプーは泡立ちが悪かったw

漫画喫茶のシャワー

漫画喫茶になかった備品

ボディタオル(スポンジ)、歯ブラシ、カミソリはコミックバスター阪急茨城市駅前店では支給されなかった。

店舗によっては貸し出してくれる所もあるらしい。

漫画喫茶のシャワーの強み

完全個室

誰かに見られてお風呂に入るのが嫌な人には漫喫のシャワーはすごくいい。

他人の目をきにする必要がない。

サクッと入れる

シャワーを浴びるまでの物理的な距離、手続きが短い。

スーパー銭湯とかはシャワー浴びるだけでいい場合は物理的にまどろっこしい。

24時間OK

空白の時間がないので夜間でも利用しやすい。

利用者が立て込んでいる場合は待ち時間が辛いか。

違う店舗、系列の漫画喫茶のシャワーを利用する機会があれば記事に追加します。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/mangakissa-shower-review/">漫画喫茶のシャワーは安くない、意外と清潔、使用時の注意点など</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA