楽天カードの分割払いを繰り上げ返済するための手続きと注意点、計算式など

楽天カード分割払いの先払い

この記事の読了時間は約20分です。

ショッピングローン分割0円キャンペーン」をAppleがやっていたので、「クレジットカードでも分割払い0円になる」と勘違いして12回の分割払いでMBPを購入。クレジットカード払いだと分割無料にはならないとわかって@49hackJp完全にブルーになるの巻。

目次(クリックでワープ)

楽天カードの分割手数料

12回払いと3回払いの手数料比較

12回払いで年率14.75、分割払い手数料は100円あたり8.16

3回払いで年率12.25、分割払い手数料100円あたり2.04

Appleでの支払い総額(分割手数料込)を計算

分割手数料の総額

Macbookpro Retina15インチ(2015):182520円(税込み・送料込み)

楽天カードで12回払いを選択したので、182510円×8.16÷100=14892.816円

四捨五入で手数料トータルが14893円

49hack
手数料0円だと思ってたら約15000円かかっていたでござる

支払いの総額

支払い総額は182520円+14893円=197413円

毎月の支払い額

毎月の支払いは197413÷12=16451.08333・・・となる。

小数点以下の端数は初月に上乗せされる

楽天カード手数料端数

楽天e-NAVIより引用

なので0.083×12=0.996円

1ヶ月目は16451円+0.996円=16452円

2ヶ月目から12ヶ月までは16451円で引き落としされるはず。

楽天e-NAVIで手数料を確認

楽天がユーザーに提供している楽天e-NAVIで楽天カードのご利用明細が確認できる。

楽天カード分割手数料確認

分割支払い1回目の明細、11月引き落とし分

楽天カード手数料

分割支払い2回目の明細、12月引き落とし分

利用金額は182520円、手数料は14893円、支払い総額は197413円、1回目の支払いは16451円+1円=16452円、2回目は16451円で予想金額と同じ。

楽天カードの分割を一括に変更する

分割で購入したけど、まとまったお金ができたので前払いしたい場合の解決方法。

クレジットカードの分割払いを一括払いに変更はできない

分割払いを一括に変更することはできないとの回答がありました。

1回払いへの変更はうけたまわっておりません。
しかし、ショッピングリボ払いまたはキャッシングリボ払いのご利用残高の一部か全額を次回のカードお支払い日にまとめてお支払い頂くことは可能です。
リボ払いや分割払いのショッピング利用分を1回払いに変更することはできますか? | 楽天カード:よくあるご質問

一括払いを分割払いに変更することは可能

楽天e-NAVIでは一括払いを分割に変更することができますが、逆の分割から一括払いに変更する項目は見当たりません。

分割払いを一括払いに変更は可能か

分割払いのおまとめ払いは可能

分割を一括に変更はできないけど、おまとめ払いはできます。

このへんから訳がわからなくなってきました。

一括払いと「おまとめ払い」の違いがよくわからないぞ(汗)

一括払いと「おまとめ払い」の違い

一括払いとおまとめ払いの違いが釈然としないので推理します。後日コンタクトセンターに電話して問い合わせるので、疑問点を一旦整理しておきます。

「分割から一括払いに変更はできない」の意味

よくあるご質問で楽天が回答していた「分割から一括払いに変更はできない」の言葉の意味は「分割払いで購入契約してたけど、お金ができたから分割払いやめて一括で払います。分割手数料は返してね」という要望は承れないということだと思います。

「分割払いのおまとめ払い」の意味

これから払う予定の総額を、時期を早めて一括で、あるいは総額の一部を予定より早く支払うことを総称して「おまとめ払い」と言うようです。金融用語で「早期決済」。

おまとめ払いをした場合、そのまま分割で支払うよりも総額を抑えられるのでお得です。

「おまとめ払いをたら当初の総額から減額される」というのは楽天カードの規約第33条(早期完済の場合の特約)に書いてありました。

おまとめ払いをしたらどれだけ得するのか

おまとめ払いをするとどれくらいお得になるのか計算してみます。

払わなくて良くなった分割手数料分得しますが、早期決済手数料を取られ、振込手数料がかかります。

会員規約掲載の計算式

楽天カード会員規約で掲載されていた支払金額の計算式は以下

未払分割支払金合計-期限未到来の分割払手数料+早期完済手数料

  • 期限未到来の分割払手数料は78分法又はそれに準ずる楽天所定の計算を適用する。
  • 早期完済手数料は期限未到来の分割払手数料に10%未満の割合をかける。

払う予定だった合計金額から、早期決済した場合に払わなくてよくなった利子分を引いて、手数料をいくらか取りますよーという意味。

78分法(しちはちぶんぽう)

78分法とは、ローンの繰上げ返済時などに使われる計算式のことを指します。残債方式を簡単にした計算方式と考えられており「擬似残債方式」とも呼ばれています。

78分法の具体的な計算方法は、12か月均等賦払いを仮定して計算します。

つまり、債務残高の累計が78単位(1+2+3+…11+12=78)になると考えて、ある時点で一括返済した場合には、残りの単位が未到来債務残高の累計であるとして、その単位分の割合から戻し手数料を算出します。

78分法とは?

78分法は分割払い手数料を78単位と考え計算します。

12回払いの場合、完済までに支払う利子の推移を1回目で12、2回目で11、12回目で1とします。

78分法の公式

日本クレジット協会が詳しい

参考分割払いで契約したクレジットを一括で支払いたい。分割払い手数料は、いくらぐらい返してもらえるだろうか?一般社団法人日本クレジット協会

(N-n)(N-n+1)×C/N(N+1)=戻し手数料  ❇︎1

❇︎1 分母と分子ともに÷2をするので互いに打ち消した式。

N:支払回数

n:早期決済までに普通に分割で支払った回数

C:分割払い総額

「おまとめ払い」の支払金額の試算

楽天カードの請求確定日は20日、支払日は毎月27日。

僕の場合、すでに1回目、2回目は支払済み、3回目が確定する12月20日までに「おまとめ払い」をした場合の支払金額の計算。

未払分割支払金合計-期限未到来の分割払手数料+早期完済手数料

会員規約の式を使って概算すると、早期完済する場合の合計金額は164510ー10502+1050=155058円となりました。さらにこれに振込手数料がかかります。

155058円となった計算式の内容を具体的に解説していいます。

未払分割支払金合計

164510円(10回分)

期限未到来の分割払手数料

支払回数Nは12回

一括返済時の回数nは2(2回目の支払後〜3回目の支払いまでに払うので2)

分割手数料の総額Cは14893円

(N-n)(N-n+1)×C/N(N+1)に数字を代入すると、

(12-2)×(12-2+1)×14893 /12×(12+1)

分子:10×11×14893=1638230

分母:12×13=156

10×11×14893÷156=10501.474359

これが「期限未到来の分割払手数料」の目安金額になります。

計算を噛み砕くと、分割手数料14893円のうち、早期完済で支払わなくて良くなる利子分の割合が110/156(55/78)となるので、それを計算したよという式。78分法の3回目〜12回目に払う予定分の利子を全て足した55マス分と一致しているので、計算が正しく行われたと確認できます。

早期完済手数料

楽天が早期完済手数料をいくらとるのかは楽天カード規約から「期限未到来の分割払手数料に10%未満の割合」になると読み解ける程度で、具体的な計算式は公表されていない。

僕の場合だと期限未到来の分割払手数料が約1万円なのでその10%の1000円以下になるはず。

一括払いとの比較

一括払いなら182520円。

12回の分割払いで2回目の引き落とし後に「おまとめ払い」をしたので・・・
16452円+16451円+155058円(概算)=187961円

187961-182520=5441円

2回目の分割払い後に早期完済しても一括払いに比べて5441円の損になります。さらに振込手数料もかかるので約6000円損をする計算になります。

そのまま分割払いとの比較

早期完済をしないと197413円かかる予定だったので、197413円-187961円=9452円

そのまま払うよりも早期完済すれば約9000円程度お得になります。

楽天コンタクトセンターの連絡先

分割を早期完済したい場合、楽天コンタクトセンター(営業時間9:30-17:30)に電話をする必要があります。平日9:30-10:00、12:00-13:00は電話が混み合うらしく15:00以降の問い合わせが推奨されています。

TEL:0570-66-6910

繋がらない場合は092-474-6287

ナビダイヤル(0570-04-6910)という24時間受付の自動音声がありますが、早期完済の場合は手続きができませんでした。

振込先や金額を言われる可能性が高いのでメモの準備と、いつまでになら金額を振り込めるかという予定日を決めて電話をした方が良さげです。

早期完済の手続きで聞かれたこと、概算との誤差、早期完済後のあれこれは後日追記します。

楽天コンタクトセンターで聞かれること

クレジットカード分割払いの繰上げ返済をするために、楽天コールセンターに電話しました。

20秒10円の通話料

コンタクトセンターへの通話はスマホからだと20秒10円かかります。家の固定電話からだと60秒10円でした。自動音声による選択、オペレーターへつながるまでの待ち時間、振込口座の確認など色々あったので、通話時間は約10分でした。

10分=600秒=300円

49hack
地味に高けえ!

自動音声で聞かれること

何の手続きがしたいの?

大きく何がしたいのか?を聞かれます。この時のカテゴリについてはネット上にも公開されてるので、事前に開いて目星をつけておくと通話料の節約もできます。

参考楽天カード: お客様お問い合わせ窓口

僕の目的的に「4 支払い関連」が正解でしたが、間違えて「6リボ関連」を選択してしまいました。

カード番号16桁

楽天カードの番号16桁を入力し、シャープ(♯)

入力時に「6」が入力されていて焦るが無視する。

この6はさっき間違えて選択した6www

生年月日:西暦から8桁

例、2001年5月5日なら20010505

やりたい手続きをもっと詳しく

先ほど選択したカテゴリをさらに細分化し目的を問われます。

僕は「6 リボ関連」ー「4 おまとめ払いの申し込み」を選んでしまいましたが、繋がったオペレーターにやりたいことを話すと全然大丈夫でした。

オペレーターに聞かれること

本人確認:フルネーム、携帯番号、家の電話番号

本人確認のために名前をフルネームで言います。携帯番号と家の電話番号も言いました。

オペレータは楽天カードに登録されているデータと照合しているかチェックするので、カード情報を古いまま放置している場合は自分の楽天会員情報を事前に変更・確認しておいたほうがいいです。

引き落としではなく振込になるけどOK?

繰上げ返済は振込になりますが大丈夫ですか?と聞かれます。振込だと振り込む側に手数料が発生するので、それでも繰上げ返済しますか?と確認をしてくれます。

いつまでの振込が可能ですか?

金額ではなくまず振込日を教えてくださいと言われました。

ちょっと戸惑いましたが、あらかじめ金額を概算していたので平気でした。僕の場合楽天カードの確定日が20日なのでそれまでに振込が反映されるようにしたかったので「19日までには」と伝えました。

するとオペレーターは「では19日のお昼2時までに振り込んでください」と詳細な時間のタイムリミットを提示してくれます。

繰上げ返済分の回数の最終確認

金額については「10回分の支払いをしたい」と言ったら、「12月分の支払いも含めて11回分のお支払いもできます。11回分にしますか?別にしますか?」と聞かれました。

この時点で初めて自分のミスに気づきました。費用概算は2回はすでに支払い済みで、3回目〜12回目の10回分をまとめて支払った場合の繰上げ返済について計算していましたが、12月に引き落とされる2回目は仮確定で確定ではなかったんだと知りました。

当初の予定とは違いましたが、繰上げ返済でまとめて支払える額が大きい方が期限未到来の分割払い手数料は増える=得するので11回分を支払うことにしました。

振込額

振り込む合計金額を教えてくれます。計算式などは教えてくれません。

僕の場合は17万460円でした。

振込口座

振込日時と金額が決まると口座を教えてくれます。

メモの準備はいいですか?と聞かれます。

僕の場合は楽天銀行の口座を指定されました。

〜銀行、〜支店、口座番号〜、口座名義人〜の4点セットです。

一通りメモした後にもう一度復唱してくれます。

振込時は必ず申込者本人名義のものにしてくださいと言っていました。

緊急時などの連絡先

楽天コンタクトセンターからの連絡先について聞かれます。登録されている携帯か家電のどちらがいいか、携帯がいい場合は家の電話もして大丈夫かなど聞かれました。

メール通知

「コンタクトセンターからメールが送られてきます」といっていました。

電話終了後、受信ボックスをみるとすぐに届いていました。

メール内容は電話での契約内容ではなく、手続きでの注意点をまとめた内容でした。

この度は、楽天カードコンタクトセンターへお問い合わせいただきありがとうございました。本メールでは、ご入金に伴うご注意事項についてご案内させていただきます。

1.振込み口座はお客様によって異なり、振込み手数料はお客様ご負担となります。必ずご契約者様のお名前フルネームでお振込みください。
2.振込み予定日が変更になる場合は、再度ご連絡をお願いします。
3.入金約束日の15時までにお振込み完了の場合、ご利用可能額へ反映するのは基本的に翌営業日となり、15時過ぎにお振込みの場合は振込み日の翌々営業日に反映します
※振込みの内容や時期によっては、反映が遅れる場合があります。
4.本日お伝えした金額は、本日現在、ご利用情報が到着している分のみとなります。未到着のご利用情報がある場合は、別途ご請求します。
5.誤って別のお振込み口座へお振込みされた場合、正しく処理ができない場合があります。
6.ご案内金額よりも多くご入金された場合や、口座引落しで当月分のお支払いが二重となった場合は、会員規約に則りお客様へご連絡することなくご利用残高へ充当します。ご利用残高がない場合は、お客様へご連絡することなくご登録口座へ返金する場合もございます。
※ご返金や充当先指定のご要望などがございましたら、コンタクトセンターまでご連絡をお願いします。

オペレーターに聞いたこと

いくら得するの?

楽天側の計算する期限未到来の分割払い手数料と早期完済にかかる手数料の2つを知りたかったので「今回の手続きではいくら得になりますか?」と聞きました。

しばらくお待ち下さいといって10秒程度待つと「1万501円です」と返答がありました。

1万501円は事前に概算していた76分法での結果と同じだったのでこの時は安心しました(*1)。楽天独自の計算式はないとわかりました。

早期完済の手数料については「かからない」という返事でした。「カード規約で見た」と話しても「リボ払いのおまとめ払い時にはかかるが今回のケースではかからない」といっていました。つまり、クレジットカードの分割払いの繰上げ返済(早期完済)では手数料は発生せず、この記事で「おまとめ払い」と言っていたのはリボ払いの繰上げ返済を捉えた言葉だと理解できました。

繰上げ返済は最短でいつ対応してくれるの?

電話で繰上げ返済をする場合、最短でいつ申し込めるのか聞いたところ「電話を受け付けた当日でも可能」との回答。

*1 振込金額が間違っているかも?

「得するのは1万501円」というのは事前の計算と同じ。事前の計算では3回目〜12回目の合計10回分を繰上げ返済した場合の「期限未到来の分割払い手数料」が10501.47・・円でした。

しかし今回は2回目が仮確定だったことを知り、急遽2回目〜12回目の11回分を繰りあげ返済しました。10回分の繰上げ返済より少しお得になります。

  • 分割手数料が14893円×66÷78=12601.76となるので「得するのは1万2601円」
  • 180961-12601=168360円

振込額「17万460円」は「16万8360円」の間違いではないのか?すでに17万460円は支払い済みなので、後日もう一度楽天コンタクトセンターに電話して聞いてみようと思います。

金額の計算、振込日を把握していないオペレーター

2016年12月16日に再度オペレーターに電話しました。振込金額の17万460円は16万8360円の間違いではないですか?と確認するためです。

「17万460円は2回目の支払いが確定している計算になってますが、僕の場合、確定しているのは1回目のみなので、76分法で計算すると16万8360円になるはずです。」

「楽天は20日が引き落とし金額確定日ですよね?なら、確定しているのは現時点(12月16日)で1回目のみなので17万460円は間違ってると思うんですけど」などと話しました。

76分法を知らないオペレーター

オペレーターの人は「わかりました。確認のため、もう一度お客様の計算された式を教えてください」と言って、僕の計算を伝えました。

「14893円」とこっちが言っても「14983円」と復唱してしまうようなオペレーターで、数唱の能力がとても低く「こいつはやべえ・・・」と不安に思いました。「76分法で計算すると」と言ってもそのキーワードを全く聞いたことがなかったようでした。振込関連のオペレーターをしているのに76分法を聞いたことがないってどういう教育を楽天はオペレーターにしているんでしょうか。

「システムの計算上そうなります」

なんとか正確な計算式をメモしてもらい、上司などに確認してもらうことになりました。10分後に折り返しの電話がかかってきて「私どもの計算で間違いないようです。上司にも確認しましたし、システム上の計算もそのようになります」という返事でした。

これには自称温厚な僕も少しキレて「いや、それは説明になっていません。76分法で計算すると、楽天の計算は2回目が確定してしまっている場合の金額になっています。僕の場合はまだ2回目は確定してません。なら計算は14893×55÷78=10501円得する計算(振込金額17万460円)ではなくて、14893×66÷78円で12601円得する計算(振込金額168360円)になるはずなんです。難しいことは言ってません。なんでそうなるか説明してくれないと納得できません!!」と言いました。

オペレータは「わかりました、お客様の質問に答えらえる上司におつなぎしますのでしばらくお時間を下さい。」と言って、約4時間後位に担当者の方から電話がかかってきました。

分割払いの確定日は20日ではなく10日

担当の方から聞き出したポイントは2つ

  1. 毎月20日は確定日となっているが、これは引き落とし金額を金融機関に伝える日
  2. 分割払いの手数料は毎月10日の夜に計算をするため10日が確定日となる
  3. 12日の引き落とし金額仮確定日には、すでに分割払いの手数料は確定している

僕の場合15日に振込をしたので、すでに2回目の分割払いの手数料は確定。期限未踏の分割払い手数料の計算は3回目〜12回目の10回分になるので14893×55÷78=10501円得する計算(振込金額17万460円)で間違いないとのこと。

やっと疑問が解決しました。分割払いの手数料は毎月10日と聞き出すために、すったもんだの挙句4時間かかって解決しました。

楽天カードの不信まとめ

分割払いの手数料は毎月10日と明文化なし

分割払いの手数料の確定日について「仮確定日」「確定日」などの、カードの請求金額が決まる毎月のスケジュールの流れを教えてください。 | 楽天カード:よくあるご質問などには記載されていないため、通常の引き落とし金額が確定する20日が確定日だと利用者の誤解を招きます。

分割払い手数料の確定日は76分法の計算上、非常に大事なことなので、それが明記されていないというのは大きな問題となります。

76分法を知らないオペレーター

システムに数字を入力して出てきた金額を右から左に伝えるだけのオペレータ。振込関連の業務をしているのに76分法を知らないというのは。楽天が全然教育をしていない証拠。

オペレーターの上司が無能

「システム上の計算でそうなる。上司にも確認した」とオペレータが僕に伝えて僕が納得すると思った無能上司。そうならないと思ってこっちは電話してるんだから、そうならない理由を説明しないと解決しません。

4時間も要した人選

76分法を知っている人、僕の言っている意味をわかってくれる人、なんでそういう計算になるのかちゃんと説明できる人という条件で再び連絡を待っていましたが、全然連絡がこない。やっとまともな人から連絡が来たのが約4時間後。

普段の業務で忙しいとはいえ、4時間もかけないとそれだけの知識がある人に繋げないというのは楽天の会社の質を疑います。単純に分割払いの手数料は毎月10日と伝えるだけで解決する疑問だったわけで、それをそない誰も答えられないか?と思いました。

おまとめ払いと分割の前払いの区別が曖昧

リボのおまとめ払いと分割の前払い(繰上げ返済・早期完済)についての言葉の定義が曖昧。さらに分割の一括への途中変更は不可という回答で、分割分を前払いしたい利用者は大混乱します。金融用語である「早期完済」を楽天がなぜ使用してないのかも謎。

49hack
前払いできないの?おまとめ払いっていうのはできるの?早期完済と同じなの?何が違うの?

感想

大変な労力をかけて分割分の前払いを実行しました。おかげで76分法について少し知ることができました。たった2100円の為にサポートに再度電話したのも、ブログがなければ絶対やれていないことだと思います。モンスタークレーマーにはなりたくないですが、サービス向上のきっかけとしてのクレーマーにはなっていきます。

楽天カードの分割分の先払いについての情報がとても少なく、頭の中が疑問だらけになってしまうので、1つ1つ解決できたのは良かったです。そもそも分割払いをしてしまうような人は先払いを検討しないし、検討しても自分で計算はしないので問題点が浮き彫りになりにくいのかなと思いました。

楽天の曖昧な用語説明、システムだよりのオペレーター、直属の無能上司が拍車をかけて問題を複雑にしている気がしました。がんばれ楽天!


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/rakutencard-bunkatsu-kuriage/">楽天カードの分割払いを繰り上げ返済するための手続きと注意点、計算式など</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA