ななまがり単独ライブ「曲者王」の予習と感想

ななまがり単独ライブ曲者王

この記事の読了時間は約5分です。

2021年3月23日に開催される、ななまがり単独ライブ「曲者王」のチケットを買いました!

東京に行かなくても、オンライン視聴ができます。

架空芸能人モノマネが面白すぎる「ななまがり」

もっと売れていいと思える数少ない芸人です。

参考 芸人支持率No.1コンビ・ななまがりが3年ぶりルミネ単独ライブ! 「ネタ作りはいまベストな状況」

スポンサーリンク

ななまがりのポテンシャル

歯姫

水曜日のダウンタウン「新元号当てるまで脱出出来ない生活」で感動と笑いを巻き起こし、

ギャラクシー賞を受賞したこともある実力コンビの渾身のネタを堪能してきます。

参考 水曜日のダウンタウン「新元号当てるまで脱出できない生活」がギャラクシー賞月間賞

伝説となった「歯姫」

相方が「歯姫」に突っ込まず、正解と期待している様子が素晴らしいですねw

架空芸能人モノマネ

ななまがりの架空芸能人モノマネのポテンシャルはこの動画がわかりやすい

第二のハリウッドザコシショウ目指して・・・

ハリウッドザコシショウが「誇張しすぎた」というフレーズで売れるきっかけになったように

ななまがりも「架空」というフレーズで、ブレイクを果たして欲しいです。

参考 ハリウッドザコシショウがたどり着いた「売れるための計算」

ななまがりの弱点

奇天烈な格好をすることが多いので女性ウケという観点ではすこぶる悪い。

変質者と紙一重というか、面白い面白くないという判断の前に、

気持ち悪いと思わせてしまってネタが入ってこない人が多いんじゃないかと。

単独ライブ「曲者王」の感想

3月25日ライブ視聴後感想追記。

披露したネタと個人的評価

ネタの抜けはないと思いますが、順番は怪しいです。

  1. 大王 ◯
  2. 結婚式に乱入
  3. 引退後のインタビュー ◎
  4. 歌舞伎初演 ◯
  5. 漫才で夢を叶える
  6. ロケット発射 ◎
  7. アシスタントディレクター
  8. フィギュアスケート

世界観が統一できていない

今回のライブは「曲者王」という表題のため、随所に不気味な演出で統一しようという思惑を感じました。

  • ネタの合間のブリッジVTRのオープニングは怖い&かっこいい作り
  • ネタ始まりもライアーゲームっぽい打ち込み音

変な表題だけつけて、単独ライブの世界観なんて無視するコンビが多いので、

ななまがりの真面目さが出ていましたね〜。

ただ、VTRの内容はほっこり系、馬鹿らしい系が多いので不気味な世界観を統一できているとは言い難い。

特に気になったのはVTRの生活感の映り込み。

コンセントで何かを充電していたり、演者の後ろで荷物が散乱していました。

公開するVTRなんだから整理整頓して欲しかったです。

ななまがりのネタは人間味を感じる方が面白い

ななまがりのネタは

  1. 人間味臭いネタ
  2. 奇天烈キャラのネタ

の2つに大別することができ、架空芸能人モノマネなどは2に分類できます。

奇天烈キャラこそ、ななまがりの強みだと思っていましたが

今回の単独ライブを見て気づいたのは

人間味を感じるネタの方が面白いということ。

大王、インタビュー、歌舞伎役者、ロケット発射など

@49hackJpが面白いと思ったのは奇天烈キャラよりのネタではなく全て人間味溢れるネタでした。

奇天烈系は5分になるとどうしても飽きてきてしまう。

フリがないから笑いが単発で終わることが多く、ウケが増幅しない。

設定が面白いのにボケの爆発力に欠ける

ななまがりのネタは設定やつかみが面白くて85〜90点でスタートするのに、

徐々に盛り下がっていって終了となることが多いように思いました。

人間味を生かした設定の中で、

得意の奇天烈ボケで爆発的笑いを巻き起こせられれば

賞レースで優勝することもあり得ます。

ツッコミの初瀬の大声一辺倒は耳障り

ツッコミの初瀬の大声一辺倒はうるさくて耳障りに感じてしまいました。

一緒に見た嫁も「ツッコミの人がうるさくて邪魔に感じた」と話していました。

ボケの森下を引き立たせるためには、色んなパターンの役割を演じ分けて欲しいです。

ツッコミが騒ぎすぎているからボケが陳腐に見えてしまうという悪循環。

少年ジャンプのギャグ漫画のようなツッコミに思えました。

ツッコミなのに、森下の言う通りに従う感じは面白いんですけどね。

ネタ後半はお互い噛みまくり

アシスタントディレクターあたりからお互いに噛み倒しまくっていました。

最後の即興架空モノマネも噛んでたし、残念でした。

とはいえ、存分にななまがりの才能を感じ、笑わせてもらった90分でした。

ななまがりの単独ライブは機会があればまた参加したいです!


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/7magari-tandokulive-kusemonoou/">ななまがり単独ライブ「曲者王」の予習と感想</a>

google関連記事広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください