トット単独ライブ「あけましておめでトットちゃん」の予習と感想

トット
https://twitter.com/kuwagokoro02/status/775125254301556736より画像引用

この記事の読了時間は約3分です。

トットの単独ライブに行ってきます。全国的にはほぼ無名の若手芸人。2016年末〜正月のお笑い特番ではちょこっと出たりしていました。

僕が「とんでもない才能」と公言しているお笑い芸人、ラフレクレンとアインシュタインの2組を抑え、平成28年度NHK新人お笑い大賞で優勝したのがトットです。

トットの単独ライブに行く理由

トットの単独ライブに行きたいと思ったのは「反抗期の息子」という漫才が秀逸でセンスを感じたから。反抗期の息子をツッコミにやらせて、オカンの涙ぐましい苦労や努力という背景を肉付けすることで、ツッコミが汚い言葉を浴びせる反抗期の息子役を演じられなくなるという構成の漫才です。

ボケとしては笑わせる要素は何も足してないんだけど、大人になったらわかる裏側というかリアルな一面を描くことで、反抗期の息子が素直に成長してしまうという面白さがあります。

この漫才は笑えるんだけど泣ける漫才でもあり、多感な学生にとっては気づかされることも多いんじゃないでしょうか。この道徳的漫才の面白さと不思議さに魅了され、単独ライブでトットの実力を確かめに行くことにしました。

あけましておめでトットちゃん

あけましておめでとう+トット+窓際のトットちゃん

内容

漫才とコントの新ネタ。ゲストあり。(本人twitterより判明)

チケット料金・日時

2017年1月21日(土)

開場:19時45分 開演:20時00分(21時30分終演予定)

土曜なので仕事のある人も大丈夫。

前売り券1500円、当日券1500円。
会場発券(手数料無料)ができるタイプのチケットも購入可能です。

チケット申し込みはチケットよしもとから

チケット発券方法はこちらから

よしもと漫才劇場

場所はよしもと漫才劇場。なんばグランド花月の向かいにあります。劇場というよりただのビル。最近隣にドンキホーテができました。

住所:大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル5F
電話番号:06-6646-0365【15:00~21:00】

単独ライブ感想

客層、会場の様子、ネタのハイライト、トットの特長、単独ライブの不満点などは公演後に記事に追加し更新します。


この記事をブログ等で紹介する際は下のHTMLコードをコピペしてお使い下さい。
泣いて喜びます。

<a href="http://49hack.jp/totto-akemasiteomedetottocyan/">トット単独ライブ「あけましておめでトットちゃん」の予習と感想</a>

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA